【マインクラフト】OptiFineの導入方法&設定比較【影Mod】

OptiFineって?

グラフィックスの設定項目を劇的に増やすModです。

軽量化してフレームレートを改善したり、影MODの導入に利用します。

ダウンロード

マインクラフト OptiFine公式サイト

OptiFine公式ページのDownloadsをクリック。

マインクラフト OptiFineダウンロードサイト

今回は1.12.2に導入するため、現在1.12.2用で最新の「OptiFine HD U E2」をダウンロードします。

自分が使用しているマインクラフトのバージョンを探し、「Download」をクリック。

OptiFineダウンロード時の広告を回避する方法

やたらと不安にさせられる広告サイトに飛ばされますが大丈夫です。

しばらく待つと、SKIP ADが表示されるのでクリック。

マインクラフト OptiFineのダウンロードリンク

ようやくダウンロードリンクが出てきました。

クリックでダウンロードします。

 

インストール

OptiFineにはインストール方法が2つあります。

Forgeを利用してインストール

【Minecraft】マイクラにModを入れる方法 – Forge導入 【1.12.2対応】

Forgeのインストールが済んでいない方はこちらの記事をご覧ください。

マインクラフト ランチャー 起動オプション

ランチャーの起動オプションから、インストールしたいマインクラフトを選択。

マインクラフト ランチャー 起動オプション

矢印マークをクリックしてインストールフォルダを開く。

マインクラフト Modのインストール先

Modsフォルダの中にダウンロードした.jarファイルを入れれば完了。

OptiFine Installerを使ってインストール

Forgeを既にインストール済みの方は、Forgeを利用したインストールをオススメします。

マインクラフト OptiFineのインストーラー

マインクラフトのインストール先を変更している方はFolderの所のパスを変更する。

インストール先を変更していない、意味がわからない人はそのまま「Install」をクリック。

マインクラフト OptiFine 成功

この画面が出れば成功。

マインクラフト ランチャー Optifine起動

上手く行っていれば、OptiFineの入ったマインクラフトが追加されている。

ここから起動すればOK。

各設定の比較・解説

マインクラフト OptiFine設定

画面はバージョンによって違いがある場合があります。

撮影環境は低スペックです。

グラフィックス

マインクラフト OptiFine設定 グラフィックス

描画優先では葉っぱが透けている、雲に厚みがあり、水の表現等に違う。

描画距離

マインクラフト OptiFine設定 描画距離

描画する距離の設定。単位はチャンク。

遠くまで描画するとかなり重くなります。

スムースライティング

マインクラフト OptiFine設定 スムースライティング

最大と最小ではあまり違いを感じませんが、オフはのっぺりしていますね。

フレームレートへの影響は少なかったです。

画面の揺れ

オフにすると歩いた時に画面が揺れなくなります。

酔いそうな人はオフに。

GUIの大きさ

その名の通りGUIの大きさの設定。

「小さい方が処理が軽くなるかもしれません」とありますが、特に変わりませんでした。

理由がなければ自動で良いでしょう。

VBOの使用

“Vertex Buffer Object”

バッファ領域にあらかじめデータを送ることで処理を速くします。

グラフィックへの影響はありません。

当環境ではフレームレートが5〜10ほど上昇しました。

霧の種類

マインクラフト OptiFine設定 霧の種類

描画優先にすると霧が濃くなりました。

霧がある方が表現が自然ですね。

フレームレートはどの設定でも特に変わりませんでした。

霧の距離

霧がかかるのが始まる距離の設定。

シェーダーの詳細設定

影Modを利用する場合ここで設定します。

【マインクラフト】超おすすめシェーダーパック10選【影Mod】

当サイトでシェーダーパックの比較を行っています。

クオリティの詳細設定

マインクラフト OptiFine設定 クオリティ

画質に関する設定項目。

ミップマップレベル

マインクラフト OptiFine設定 ミップマップレベル

小さい画像ではわかりにくいですが、上げると表示が滑らかになります。

フレームレートに大きな変化はありませんでした。

ミップマップの種類

マインクラフト OptiFine設定 ミップマップの種類

ニアレストネイバー→線形→バイリニア→トライリニアの順で高級で高負荷。

見た目もフレームレートも大きな変化はなし。

異方性フィルタリング

マインクラフト OptiFine設定 異方性フィルタリング

オンにするとのっぺり感が薄れて綺麗に見えるが、フレームレートは大きく低下。

輪郭のギザギザ軽減

マインクラフト OptiFine設定 輪郭のギザギザ軽減

アンチエイリアスの設定。

斜め方向に発生するギザギザが軽減されます。

オフ〜16倍まで設定できるがGPUによって上限があります。

当環境では16に設定したら、効果を切られてしまいました。

状況によってフレームレートが大きく低下します。

水の透明度を上げる

オンにすると水の中にいる場合に明るく良く見えるようになる。

Ramdom Mobsを有効化

オンにするとMobにランダムにテクスチャを適用されるようになります。

対応したリソースパックが必要。

草ブロックを繋げる

マインクラフト OptiFine設定 草ブロックを繋げる

草ブロックの側面のテクスチャが草で覆われるようになります。

描画優先では草ブロックと繋がっている場合のみ変更されます。

設置物の下に雪を表示

オンにすると雪が積もっている所に物を置いても雪が消えなくなります。

カスタムフォント、カスタムカラー

どちらもリソースパックが対応している場合のみ可能。

湿地帯色

湿地帯独特の色が嫌な場合はオフにしましょう。

バイオームを滑らかに表示

マインクラフト OptiFine設定 バイオームを滑らかに表示

草の色に注目すると、オンの場合バイオームの切り替わりがわかりにくくなっています。

テクスチャの継ぎ目をなくす

マインクラフト OptiFine設定 テクスチャの継ぎ目をなくす

一部のブロックの継ぎ目を無くして綺麗にします。

画像ではわかりにくいですが、描画優先の場合、L字に設置されたブロックの角も補間される。

自然なテクスチャ

同じブロックが連続している場合に、テクスチャを回転させてそれぞれ違う模様であるかのように見せてくれます。

カスタムスカイ、カスタムアイテム

リソースパックに含まれる空模様、アイテムの見た目の設定。

リソースパックが対応していないければ使えません。

動的な光源

オンにすると手に持った光源も光るようになる。

描画優先と処理優先では光が更新される間隔が違います。

重くなるが雰囲気は出るし、便利です。

アニメーションの設定

一部ブロックやエフェクトのアニメーションを停止して動作を軽くします。

無機質で寂しくなりますが、重たい場合はオフにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です