Smelteryを自動化する方法 Tinker’s Construct Mod

2015-09-20_11.26.33

 

Smeltery / 乾式精錬炉で作ったアイテムを一個づつ右クリックで取るのはめんどくさい…

しかし簡単に自動化できる方法があるので紹介。

Sponsered Link
Smelteryの使い方、作り方がわからない方はこちらを参照。 Smelteryの組み立て Tinker’s Constructチュートリアル

2015-09-20_11.26.33

全景はこんな感じ。っていうより見たまんまの装置。

Casting Tableで作成されたアイテムは真下にホッパーを置くことで自動で回収される。

液体を外へ流す蛇口、Seared Faucetは右クリックだけでなくレッドストーン入力でも開くことができるので、ここにクロック回路を繋ぐ。なぜクロック回路を使うのかは後述。

 

Smelteryを設置

2015-09-20_12.48.58

Smelteryを設置し、Casting Tableを置く。

 

レシピ

Casting Table

casting_table

 

ホッパーを設置

2015-09-20_12.51.17

 

チェストも一緒に置いておこう。

ホッパー hopper

 

 

液体を流す機構の作成

2015-09-20_12.53.20

炉の一部をSmeltery Drainに変更しSmeltery Faucetを付ける。

Smeltery Drainの真下にCasting Channelを設置し、Casting Tableの真上まで伸ばす。

レシピ

Smeltery Drain smeltery_drain
Smeltery Faucet smeltery_faucet
Smeltery Channel casting_channel

 

2015-09-20_12.54.35

こんな感じ。これでCastをCasting Tableにはめればとりあえずは使えるが、自動化するための回路を付ける。

 

レッドストーン回路の構築

2015-09-20_13.08.47

簡単な回路なので1枚で説明。クロック回路を繋ぐだけ。

コンパレーターは右クリックで減算モードにしておこう。

クロック回路なのは、Smeltery Channelが満タンになると自動でSmeltery Faucetが閉じてしまうため、再度信号を送る必要があるため。

出しっ放しの入力では装置が停止してしまう場合がある。

レシピ

レッドストーン コンパレーター comparator

 

あとは好きなCastをCasting TableにはめてレバーをONにすれば、完成したアイテムが自動でチェストに入っていく。

Sponserd Link

関連記事

マインクラフト1.10対応Mod紹介 マインクラフト1.10で使えるModの紹介Forgeの導入方法はこちら (さらに…)
マインクラフトMod紹介~Tinker’s Construct 道具・武器関係の拡張Mo... Tinker's Constructは道具や武器の改造ができ、クラフトや修理を便利にし、種類も増えるMod。海外の大手Mod紹介サイトCurseのダウンロード数で1位の海外では最もスタンダードなModの一つ。各種ツールがパーツ毎に分かれ、組み合わせてクラフトするようになる。 (さらに…...
Smelteryの組み立て Tinker’s Construct Mod チュートリアル... マインクラフトのMod Tinker's Constructの肝となる装置、Smeltery / 乾式精錬炉の組み立て方を紹介。この装置最初は面倒に感じるかもしれないが、一つの鉱石からインゴットが二つ手に入るため非常に便利。自動化の方法もこちらで紹介している。 Smelteryを自動化する方法 (さ...
【1.7.10】アイテムを簡単便利に収納 Strage Drawer マインクラフトMod紹介... チェストを大量に並べてスペースを取る、種類別に綺麗に収納してもすぐに満タンになる、そもそも整理が苦手めんどいな人にオススメのMod。Strage Drawer。このModではアイテム毎に収納でき、簡単に出し入れできる引き出しを追加できる。それほど多機能ではないが、程よい制限があり世界観にマッチしてい...

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. エイテイ より:

    おお~自動化出来たのですね(〃ω〃)今まで、ちまちまとクリックしてました(笑)レッドストーンの配置とかクロック回路が必要なのがわかり、大変参考になりましたー(≧∀≦)ありがとうございます~( *・ω・)*_ _))ペコ

コメントを残す

*